ブレーキのかけ方


運転に慣れていない人や、サンデードライバーに多いのですが、ブレーキのかけ方を間違ってやたらと多用する運転の仕方をする人がいます。危険な時や、スピードが出過ぎた時に減速するのは当たり前のことですが、こういう運転をする人に多いのは、ペダルに足を載せっぱなしにしてしまうことです。無意識にペダルを踏み込むことで、減速していないのに、リアのストップランプが点きっぱなしになってしまうことがあるので、注意が必要です。これは、後方を走っている車にも、迷惑な運転となります。ストップランプが点灯するので、減速するかと思ったらしないので、惑わされてしまうからです。後続車が同じようにストップランプを点灯してしまうと、その連鎖が連なり、無意味な渋滞が発生しかねない状況にもなってしまいます。また、たまに走行中ずっとストップランプが点きっぱなしの車を見かけます。カーブが連続する峠道や山道では、チカチカとストップランプが何度も点灯する車もいます。教習所で習うので知っている人も多いでしょうが、ベーパーロック現象を起こしかねない危険な運転です。峠道や山道では、オートマ車でもギアチェンジして、ローギアで走るようにすれば、このような間違った運転にはなりません。踏みっぱなしや、頼りっぱなしの運転から卒業して、必要な時に上手く使いこなせるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。