空走距離・制動距離・停止距離


自動車運転に関しては常に安全性を維持しながら運転する必要があり、前方だけではなく、周囲の環境を見ながら走行させることが良い方法とされています。自動車事故の場合では、ブレーキを踏むタイミングについて問題になることが多く、路面状況によっても大きく異なる部分があります。一般的にブレーキを踏む際には、信号機が赤に変わるタイミングや、前方を走行している車両に追突してしまうことが無いように配慮することになります。ブレーキシステムは近年では改良が行われており、アンチロックブレーキシステムなどを搭載している車両も増加傾向にあります。そんな中、自動車が走行している際にブレーキを踏んで、実際に停車させるまでの距離に関しては複数の項目が用意されています。例えば空走距離と呼ばれているものがあります。これは運転手がブレーキをかけることを必要に感じた時に、実際にブレーキを踏むまでの時間を表しているものとされており、一瞬のタイムラグが生じる部分としても知られています。制動距離と呼ばれるものもあります。これはブレーキを実際に踏んでから、停止するまでの距離を指しており、全ての項目を足した距離数を停止距離と呼ぶことになります。ブレーキは常に早めに踏むことが基本とされており、安全運転には欠かすことのできないものとされています。

コメントは受け付けていません。