停止距離が長くなる要因


ドライバーが走行中危険を察知してブレーキを踏んでからクルマが止まるまでの距離を停止距離と言いますが、これは空走距離と制動距離を合わせたものになります。空走距離というのは、ドライバーが危険を察知しブレーキを踏むまでの間に進んだ距離のことを言いますが、通常ブレーキを踏むまでに1秒程度かかります。その間に進む距離は、速度に応じて長くなっていきます。制動距離というのは、ドライバーがブレーキを踏んでから実際にクルマが停止するまでに進んだ距離のことを言います。やはりスピードが速いほど制動距離は長くなります。

具体的には、時速60キロメートルの速さで走っているクルマが1秒間に進む空走距離は約17メートルです。さらに、時速60キロメートルで走っているクルマがブレーキを踏んでから停止するための制動距離は約20メートルです。そうなると、時速60キロメートルで走っている自動車が危険を察知して停止するまでの距離は約37メートルとなります。50メートル先に人が飛び出してきた場合、何とかその前で止まることができます。ところが80キロメートルのスピードを出していると、停止するまでに58メートル必要です、したがって、50メートル先の人にぶつかってしまうことになります。さらにタイヤが古くなっていたり、路面が雨でぬれていたりしても距離は伸びてしまうので要注意です。

コメントは受け付けていません。